居合塾.jp

Welcome へ

 
 

臼井 六郎 うすいろくろう(1858 〜 1917)




プロローグ


こ奴だけは生かしておく訳にはいかぬ。

決してこの恨み晴らさずおくものか!


仇討ち(あだうち)、敵討(かたきうち)のことをこれから綴う。

怨恨、復讐のことがらである。

日本人はこの仇討ちが大好きだ。

日本の三大仇討ちというものがあるのをご存知だろうか。

1193年  鎌倉時代、曾我祐成、時致(そがすけなり、ときむね)の兄弟が亡き父親の無念、工藤祐経(くどうすけつね)を富士の裾野で果たす

“ 曾我兄弟の仇討ち”。

1634年  岡山藩士 渡辺数馬(わたなべかずま)が剣豪 荒木又右衛門(あれきまたえもん)の助太刀を得て同藩の河合又五郎(かわいまたごろう)を弟の仇で討つ “ 鍵屋の辻の決闘 “。

そして、1702年 赤穂の浪士47人が亡き藩主の恨みを晴らす国民的敵討ちの物語。歌舞伎、演劇、映画で幾度も扱われてきた “ 赤穂浪士  忠臣蔵 ” である。それぞれが長年の辛苦の末に思いを遂げる武士の美学、意地、面子、忠孝の士、武士道の誉れとされた事件である。


なぜ、日本人はこのような恐ろしい刃傷沙汰に拍手喝采を与えたのか。

さすがに現代では殺人に関わるこのような事件は皆無だが、ドラマや映画アニメに至るまでその仇を討つストーリーは支持され世界にあふれているのだ。

高視聴率TVドラマ   倍返しだ! の “ 半沢直樹 ”はどうだ? 

世界的にヒットの漫画アニメ “ 鬼滅の刃 ”は? 

前者は父親の無念を其の原因をつくったメガバンクに入社してまでも晴らそうとする。後者は鬼に母兄弟を惨殺され、鬼にされた妹を奪還するまでの鬼退治の仇討ちストーリーだ。

日本に限らない。英国  W.シェークスピアの “ ハムレット ” は? 

1966年の米国映画 H.ハサウエイ監督、スティーブ・マックィーン主演の インディアンハーフの若者が惨殺された両親の敵を追う“ ネバダ・スミス”  など数知れないほど多い。


ひとはなぜこのような事件に興味をいだき、こころ踊らせ、喝采し、成就に溜飲を下げるのか?

これはひとの性(さが)なのか? 

古の武家社会はこれを認め法制化までした。

仇討ち敵討ちは “ 天晴れ ”のことだったのである。


これから物語るのは幕末の九州福岡藩の支藩 秋月藩(あきづきはん)で、1880年12月に起きた秋月藩家老 臼井亘理(うすいわたり)妻 清子(きよこ)の暗殺事件。

無惨に殺された父母の仇を討つその長男 臼井六郎(うすいろくろう)の青春である。


時は明治となり、仇討ちは 1873 年(明治6年)新政府により禁止される。そのなかで果たして臼井六郎は13年の後、いかにして「目的を果たし、そしてその顛末はいかなるものだったのか 。山岡鉄舟、勝海舟との関わりなどもみつめていく。



つづく




居合塾.jp

平成居合塾

入会、見学、体験、お問い合わせは

Mail : info@iaijyuku.jp

         

武士道とともにあらんことを

May the Bushido be with you.

Way to go.





2013 〜2021 iaijyuku All Right Reserved

武士道異聞 

最後の仇討ち