居合塾.jp

Welcome へ

 
 

臼井 六郎 うすいろくろう(1858 〜 1917)




プロローグ


骨髄二徹シ切歯憤怒二堪ヘズ必ズ復讐スベキ

こ奴だけは生かしておく訳にはいかぬ。

決してこの恨み晴らさずおくものか!


仇討ち(あだうち)、敵討(かたきうち)のことをこれから綴う

怨恨、復讐のことがらである

日本人はこの仇討ちのものがたりが大好きだ

日本の三大仇討ちというものがあるのをご存知だろうか? 

1193年  鎌倉時代、曾我祐成、時致(そがすけなり、ときむね)の兄弟が

亡き父親の無念、工藤祐経(くどうすけつね)を富士の裾野で果たす

“ 曾我兄弟の仇討ち”

1634年  岡山藩士 渡辺数馬(わたなべかずま)が剣豪 荒木又右衛門(あれきまたえもん)の助太刀を得て同藩の河合又五郎(かわいまたごろう)を弟の仇で討つ “ 鍵屋の辻の決闘 “

そして、1702年 赤穂の浪士47人が亡き藩主の恨みを晴らす国民的敵討ちの物語 歌舞伎、演劇、映画で幾度も扱われてきた “ 赤穂浪士  忠臣蔵 ” である それぞれが長年の辛苦の末に思いを遂げる武士の美学、意地、面子、忠孝の士、武士道の誉れとされた事件である


なぜ、日本人はこのような恐ろしい刃傷沙汰に拍手喝采を与えたのか? 

さすがに現代では殺人に関わるこのような事件は皆無で許されない話だが、ドラマや映画アニメに至るまでその仇を討つストーリーは支持され世界にあふれている 

高視聴率TVドラマ   倍返しだ! の “ 半沢直樹 ”はどうだ? 

世界的にヒットの日本の漫画アニメ “ 鬼滅の刃 ”は? 

前者は父親の無念を其の原因をつくったメガバンクに入社してまでも晴らそうとする。後者は鬼に母兄弟を惨殺され、鬼にされた妹を奪還するまでの鬼退治の仇討ちストーリーだ 

日本に限らない。英国  W.シェークスピアの “ ハムレット ” は? 

1966年の米国映画 H.ハサウエイ監督、スティーブ・マックィーン主演の インディアンハーフの若者が惨殺された両親の敵を追う“ ネバダ・スミス”  など数知れないほど多い 


ひとはなぜこのような事件に興味をいだき、こころ踊らせ、喝采し、成就に溜飲を下げるのか?

これはひとの性(さが)なのか? 

江戸の武家社会はこれを認め法制化に近いまでになる 

仇討ち敵討ちは成就すれば “ 天晴れ ”のことだったのである 



これから物語るのは幕末の九州福岡藩の支藩 秋月藩(あきづきはん)で、1880年12月に起きた秋月藩家老 臼井亘理(うすいわたり)妻 清子(きよこ)の暗殺事件である 

 

時は明治となり、仇討ちは 1873 年(明治6年)新政府により禁止される そのなかで果たして臼井六郎は13年の後、いかにして目的を果たしたか?

追う者、追われる者、その人生の顛末はいかなるものだったのか ?

山岡鉄舟、勝海舟、森鴎外らとの関わりなどもみつめていく。

無惨に殺された父母の仇を討つその長男 臼井六郎(うすいろくろう)の青春である


エピソード1


筑前秋月藩考

この物語の舞台は、福岡県中部に位置する朝倉市の一部、秋月と呼ばれた地区と東京である


筑紫平野と筑豊地方の境にそびえる古処山(こしょさん)の麓、山々に包み込まれ守られたその山すそに旧秋月は静かに佇む

九州の古き小さな町、しかし、同時にそこには小藩ならではのもろさ弱さがあった

秋月という所領5万石の小藩の誕生から消滅まで

の物語をまずみてみよう

養生に関する指南書を書いた江戸時代の儒学者・

貝原益軒(かいばらえきけん)という名を聞き覚

えておられるだろうか  「養生訓」(1713年)

身体ばかりでなく精神の養生健康法を説き愛読さ 貝原益軒(1630 〜 1714)

れた 益軒はその著書 『筑前国続風土記』の中で、妻・東軒(とうけん)の故郷、秋月の町の様子をこう表している 


 「この里(秋月)、山林景色うるわしく、薪水の便よく、材木乏しからず。かつ、山中の土産多きこと、国中第一なり…」と 


           古処山の懐にひっそりと佇む城下町秋月。鮮やかな

                             紅葉に彩られた黒門、桜舞う杉の馬場、緑萌える

           古処の山々…四季の自然と歴史が解け合った艶やか

           な景観 その様は、九州の小京都とも称される 

      黒門

 中世、秋月は鎌倉時代から豊臣秀吉の九州平定まで、

約380年、古処山の山城を主城とする秋月氏の拠点と

して栄えた 

江戸時代、この地を治めたのは秋月黒田家である 

福岡藩から独立して秋月へやって来た 筑前秋月藩

は成立した当初から、常に、福岡黒田藩の監視を受け、   杉の馬場道

動向を探り探られる運命にあった その興亡の物語には、小藩ならではの喜び、悲しみ、そして苦しみがあった 


 天正15年(1587)、九州制圧を狙う島津氏を討つために豊臣秀吉が九州入りし平定した この戦いで秋月氏は島津方についていたため、日向(宮崎県)高鍋に転封されてしまう その後、筑前国は関ケ原の戦いで功績を上げた黒田家の領地となり、秋月もその一つに含まれていた 

 元和9年(1623)、黒田藩初代藩主・黒田長政(くろだながまさ)が死亡

 彼の遺言によって、秋月5万石は三男・黒田長興(ながおき)に与えられた 

 しかし、二代藩主に着任した兄・黒田忠之(ただゆき)は、秋月の独立を快く思わず今まで通り、秋月を福岡藩付属の小国としていたかったのだ 

そこで、将軍に秋月独立を伝えるため江戸登城しようとした長興を差し止める 

 「独立をやめれば5万石を10万石にしてやる」との条件を説く一方で、江戸までの要路に警戒の兵を出す福岡藩 それに、断固として反抗し策を練ったのが、長興とともに黒田家から秋月入りした家老・堀平右衛門(ほりへいえもん)であった 

 黒田長興とともに堀は、密かに秋月を出発し、夜闇に隠れ、漁師の格好で警戒の目をくらませた 豊前小倉細川藩の助けもあり、無事警戒線を突破

 寛永3年(1626)、長興は初めて二代将軍徳川秀忠(とくがわひでただ)に拝謁し、同11年(1634)には福岡藩の支藩として5万石の朱印状を与えられた この時、藩主・黒田長興は14歳 

5万石の小藩であるため、財政基盤は弱く、農民は常に風・水・虫害飢饉に悩まされた 

 

努力が実を結び、秋月藩は外様大名として誕生した。以前、秋月氏の館であった梅園の建物を修理して陣屋城とし、周辺に城下町を作り上げた。天守などはない 

 もちろん藩主は、支藩といえど他の諸大名と同様に

江戸に参勤した。参勤交代による江戸と秋月との二重

生活、そして諸役の賦課は、秋月小藩の財政に大きな

圧力となり迫る 

財政窮乏 これは、秋月に限らず全国歴代藩主の頭を   江戸藩邸(右側)

悩ませた大問題だった 

秋月藩246年の中で、一番財政が豊かだったのは宝暦~

天明期(1751~1788)だったという時 の指導者であ

った家老・渡辺典膳(てんぜん)は、安永元年(1772)

に建白された「国計大則」で支出の各項目ごとに必要額  

を定め、支出を制限。一部を備蓄金として蓄えた 質素

倹約を旨とし、家老以下の妻子は門外ではすべて綿服、

食事の内容まで細かく指示するなど家臣の生活までにも

口を出している 

 この労もあり、明和元年(1764)から天明3年

(1783)の20年の間で2万金が蓄えられている 

八代藩主長舒(ながのぶ)の時代である 

                                    現在 麻布十番あたり

 黒田長舒の先代、七代藩主・長堅(ながかた)は、6歳で藩主になり、16歳でこの世を去っている この時、秋月は次の跡継ぎがいないという事態に陥った これを福岡藩が黙って見過ごす訳はない 秋月藩を廃する計画を立てるが、家老・渡辺典膳らによってどうにか藩取り潰しの危機は免れたが、もちろんただでは済まなかった 代償として福岡藩が幕府から任ぜられていた長崎警備役を代わりに務めなければならなくなる 

 

若き藩主秋月幸三郎長舒は明和2年(1765)、日向高鍋藩主・秋月種頴(たねひで)の二男に生まれる 秋月氏は黒田氏の前まで秋月の地を治めていた名家である さらに秋月長舒は秋月藩四代・秋月長貞の曾孫に当たり、秋月・黒田家の血もひいていた 若いころから高い評価を得ていた長舒は、藩が蓄えた莫大な金銀を使い、20歳になった彼を藩主として迎え入れたのである 

 

備蓄金が後ろ盾。長舒は心置きなく手腕を振るった

当時、危機的な年貢減少に直面していた幕府や諸藩は、農民労働力の増大をはかるため、子の間引きを禁止した 長舒もまた、妊婦は庄屋に届けさせ、子育ての困難な家庭には養育米を与えた 彼が大事にしたのは、子どもだけではない 暇を見つけては領内を巡り、80歳以上の老人を招いて労をねぎらい、酒食を共にして贈物をしたという 

 藩の産業の奨励もした。現在も受け継がれる葛(くず)、和紙、焼き物、製糸などの名産品を誕生させたのも彼の功績によるものだ 『筑前国続風土記』(1709年)には、当時50以上もの秋月の名産品が名を連ねている 

 また全国で藩校が誕生する中、秋月藩には安永4年(1775)に学問所が設けられ、後に稽古館と呼ばれる藩校に拡大する 

この時代が秋月藩の黄金期といえる 


 しかし、九代藩主・長韶(ながつぐ)の時。家老、宮崎織部と渡辺帯刀が苦しい財政にも関わらず公金を湯水のように使ってしまう 「渡辺崩れ」と呼ばれるこの失策で、藩の財政は建て直し不可能なほどの借財を背負ってしまう しかも追い討ちのごとく、飢饉に見舞われる。もはや福岡黒田藩に頼るほかなく、文化9年(1812)、福岡藩から秋月御用請持ちと呼ばれる者が派遣され、本藩の直接的な政治介入を受けるようになる 

 こうして、秋月藩の完全独立は、約190年で終止符が打たれた 

希望を持って独立した秋月であったが、このときほど小藩の悲哀を実感したことはなかっただろう 

福岡藩直接介入という事態のまま、秋月は幕末を迎えた 

秋月は山に囲まれた密かな地。外との交流が少なかったため、心移りせず伝統を守り続けるという素朴で純朴さゆえの『井の中の蛙』になる傾向があったといえる 

そして迎える幕末、新しい時代の幕開けに際して、この地の風土が秋月の人々の進歩を更に妨げた 幕末の日本は、尊王攘夷のかけ声のもと西洋列強の侵略の脅威に備え、西洋新技術を貪欲なまでに吸収していこうとした時代、秋月にも洋式軍備装備の必要性を説いた藩士、臼井亘理(うすいわたり)がいた 

しかし、余計な思想を運び込む彼を除かねば、藩政改革は断行できぬ

若い藩士らの手によって彼は恨みをもたれる 


さらに廃藩置県の後、次々と新政策を押し付ける明治新政府に対して、九州の各地で不満が爆発する 1874.2月   佐賀の乱。1876年10月 熊本・神風連の乱(廃刀令は1876年)1877年2月 鹿児島・西南の役 

秋月でも、このままでは自分たちの武士身分がなくなると感じた者たちが「秋月の乱」 1876年(明治9年) と呼ばれる反乱を起こす この乱の参加者は255人にも及んだ 

しかし、すべて鎮圧され怒濤のごとく明治維新はなされるのである 

こうして、秋月藩は消滅する 


エピソード2

そのさなか、一人の若者が故郷の秋月を離れ、ひとり一路、東京へ向かう 

母、清子の形見の短刀を懐に忍ばせて ... 

この仇討ちは、日本史上最後の仇討ちとして知られる 明治となる幕末最後のに、藩内の政治的対立から暗殺された両親の仇討ちを13年後に果たしたが、1873年(明治6年)発布した仇討ち禁止令により犯罪者となり、裁判で懲役刑を宣告された 江戸時代であれば、武士の誉れと称えられたものが、時代の変化により断罪されるという、明治維新の近代国家の設立の渦に翻弄された事件として世間を大いに賑わせたのである


1868年(慶応4年)5月23日、その日の深夜、一家が就寝中の臼井邸に忍び込んだ秋月藩 干城隊(かんじょうたい)の手により、父・亘理(つねり)と母・清子が惨殺された 

 

七つ半ごろといわれるから午前5時頃、下女の知らせを受けた祖父 儀左衛門 が現場に駆けつける

騒々しい物音で起き出してきた11歳の六郎は、両親が殺害され、隣室で寝ていた3歳の妹 つゆ が怪我を負った事を知らされる 

両親の寝所に入る事を禁じられ、呆然としていた所、縁側に張り付いた長い髪の毛と血に染まった腕骨を見つけ、父母が本当に殺された事を悟った六郎は、その骨と髪の毛を取り、制止もきかず父母の寝所に至った 

そこには身体が背の肩から腰にかけて大きく切り裂かれ、首のない父の身体と、ズダズタに切り裂かれ、髪の毛に絡んだ血肉が襖や廊下に飛び散った懐刀を握る無惨な母 清子 の姿があった 

この言語を絶する凄惨な光景を見て、六郎は父母が何故このような事になったのか、叔父の渡辺助太夫や親族に聞いた 助太夫は父 亘理には何の罪もない事、犯人は干城隊(かんじょうたい)であると答えた 

 

干城(かんじょう)とは、詩経とは、に由来し、国や君主を守る武士や軍人の事 長州藩 秋月藩 薩摩藩 に存在した 

詩経(しきょう)とは、中国においては、古代から『詩経』と『書経』は「詩書」として並び称され、儒家の経典として大きな権威を持った 中国の支配層を形成する士大夫層の基本的な教養として、漢代から近世に至るまでさまざまに学ばれ、さまざまな解釈が生まれた 一方、経典として扱われる以前の『詩経』が、どのような環境で生み出され、伝承され、元来いかなる性格の詩集であったのか、といった事柄には多くの学説がある 


渡辺助太夫ら親族が即日藩庁へ事件を届け出るが、訴えを受けた家老 吉田悟助 は 亘理 が殺されたのは自業自得と切り捨て、そして 亘理 の首は、干城隊が屯所の庭に捨て置いたので、持って帰れと言い放った 

後日、父の首は、なんと、臼井邸の庭に投げ入れられた 


熟睡の寝込みを襲い、女子にまで手をかけた干城隊の所業は、士道にも人の道にも外れた非道な行為であったにも関わらず、7月8日に藩庁から出された裁定は、干城隊は「国家のため奸邪を除く赤心より出候事、忠誠の士」として無罪、亘理に対しては「自分の才力を自慢し、国を思う気持ちが薄いその態度が今回の災いを招いたものであり、本来なら家名断絶に等しいが、家筋に免じて減禄に処す」という臼井家にとっては非常に理不尽なものであった 


尊王攘夷の嵐が吹き荒れたこの時代、尊王を唱えれば非道な暗殺もすべて義挙とすり替えられたのである 


臼井家では嫡男の六郎がまだ幼いため、養子に出ていた亘理の長弟 渡辺助太夫 が臼井家に戻って家督を相続する事になる  石高を減ぜられ、罪人のような扱いを受けるが、家を守るために臼井家は耐え忍ぶしかなかった 臼井家の親族や亘理を支持する藩士たちは、藩のあまりに理不尽な裁定に公正な藩政を求めて宗藩である 福岡藩 に訴え出るが、逆に訴えた側が罰せられ投獄されるという結果となる 


このとき、 六郎は幼い身ながら、「骨髄二徹シ切歯憤怒二堪ヘズ必ズ復讐スベキ」と、父母の仇討ち、復讐を堅く誓うのである 


亘理暗殺以降二つに割れた秋月藩は、そのまま明治となって武士の時代の終わりを迎える事になる


エピソード3

家督を継いだ、叔父の 渡辺助太夫 は 臼井慕 (したう)と改名し、六郎の養父となった 六郎は仇の氏名をどうしても知ろうとしたが、そのすべもなく悲嘆していた まわりの皆は口を噤んだ 

同年9月頃、通っていた藩校 稽古館で千城隊士 山本克己 の弟の 道之助 が級友3、4人を相手に兄の克己が家伝の名刀を持ちだし、国賊・臼井亘理を斬殺して、名刀の刃を欠けさせたのだという 

まるで自慢話をしているのを偶然聞いた 

六郎は家に飛んで帰り、養父に父の仇が判明した事を報告し、復讐したいと申し出た 

しかし養父は「復讐は大昔から国の大禁である 己で復讐をしたいのであれば、文武を学び、その後で己で決める事だ まだ幼いお前が軽々しく粗暴な挙動に出てはならない」と堅く戒めた それに仇の山本家は丹石流剣術指南の家柄で、並の大人でも太刀打ちできる相手ではなかった また干城隊を擁護する家老 吉田悟助一派の天下である今、不用意な言動は慎まなければならなかったのである 

またある日投げ文があり、母の殺害犯は 荻谷伝之進 である事が判明した父の殺害犯山本と共に名が書かれていて、巷の噂とも一致し、六郎は復讐の念を募らせて再三養父や親族に訴えるが、大人達はそれを許さず、学問をして志を堅くし、その後に自分で決める事であると何度も諭した 

六郎は心苦しみながらも、非道の敵を討つ事が自分の使命だと思い定め、父母の無念を晴らすべく武術と勉学に打ち込むのであった 


事件の翌年、明治と改元、1817年(明治4年)7月14日、廃藩置県が発布される 亘理暗殺事件で秋月藩の非法を宗藩に訴えて福岡に幽閉されていた藩士11名が釈放され、その中に亘理の次弟である 上野月下 がいた 月下は身体が癒えると、秋月を嫌い東京へ出た  1872年(明治5年)、15歳になった六郎は密かに東京の月下に父の仇を知った事を書き送ったのである 

月下からの返事には、次兄・慕(助太夫)から聞いた話として、事件の真相がこう書かれていた 


御殿の門番の者が、山本克己の父 亀右衛門 が息子への怒りを口にしていたのを聞いていた 亀右衛門は亘理の改革の支持者であったが、息子の克己が家伝の名刀を持ち出し、刃こぼれさせた理由を問いただすと、亘理暗殺に使った事を白状した 亘理を尊敬していた亀右衛門は怒り、息子を手討ちにしようとまで思ったが、亘理暗殺は家老 吉田悟助 も合意の上での、いわば「上意討ち」であると言われ、それも出来なかったと嘆いたという 


そして、この年に 山本克己 が東京に移住した事を知り、六郎は復讐が遠のきつつあることを知るのである 

1873年(明治6年)2月、「仇討ち禁止令」が出される 


1876年(明治9年)5月、19歳になった六郎は 三奈木小学校 の教師となる

  一刻も早く東京へ向かいたい六郎はその3ヶ月後、親族の 木付篤 が上京する事を知って、養父に東京に出て新しい学問を学びたいと申し出る 

同行者もいる事から東京行きを許され、ついに8月23日、母の形見の懐刀を密かに携えて木付と共に秋月を旅立つのである 


エピソード4

東京へ 

東京に着くと六郎は木付と別れ、東京西久保明船町(現・渋谷)に住む叔父 上野月下 宅に寄宿した それから間もない10月27日、秋月では士族による新政府への反乱 秋月の乱 が起こる 首謀者は干城隊の幹部であり、事件は数日後に政府軍に鎮圧され、東京に着くと木付と別れ、東京西久保明船町(現・渋谷)に住む叔父・上野月下宅に寄宿 それから間もない10月27日、秋月では士族による新政府への 反乱・秋月の乱 が起こった。首謀者は干城隊の幹部であり、事件は数日後に政府軍に鎮圧され、宮崎車之助ら幹部7人が自刃した事を新聞で知った六郎は、仇の一味に天罰が下ったのだと思った 12月4日には逃亡していた秋月の乱の首謀者 今村百八郎  益田静方が斬首刑となった事を新聞で知る


東京へは勉学修業といいながら、目的は 一瀬直久と改名した仇の山本克己 の居所を探る事であった 

あるとき、一瀬が旧福岡藩士の尊王攘夷派であった早川勇の伝で、愛知裁判所の判事として名古屋の裁判所に勤務している事がわかったのである 

すぐにでも名古屋に飛んでいきたかったが、養父から貰った金も乏しく、東京の叔父の暮らしも楽では無かった 


ある日、六郎は四谷仲町にあった、山岡鉄舟の 春風館道場 の前を通りかかり、ここで住み込みの書生を募集している事を知り、翌朝早々に叔父を同伴して道場を訪れ、入門を願い出て許される 

六郎は翌日朝早くから、道場の拭き掃除、庭や門前の掃除などよく働き、勉学に励み、そして剣術修業に打ち込んで、鉄舟夫人 英子 に可愛がられた 

また鉄舟の友人・勝海舟邸に出入りする事もあった 


翌1877年(明治10年)2月、西南の役で西郷隆盛が自刃、さらに翌年には大久保利通 暗殺と、明治維新の立役者たちの死去は、激動の時代の終焉を人々に思わせた 

しかし六郎はそんな世の中の変遷のなかで、仇の居所を探る事に日々を費やす 養父 慕と叔父 月下に父母が被害にあった原因を知りたいと強く懇願する 彼には父母を失った原因について正確には知らなかった、知り得なかった 

10月に月下から返事が来て、初めて父の職務の事、暗殺事件での藩の理不尽な裁定など詳細を知り、父は職務を全うしたのみで非がない事、犯人側の残酷な行為が何ら罪に問われていない事を確信する 手紙には私怨の復讐は極力避けるべきだと叔父の言葉も書かれていたが、六郎は父の不幸を思い、復讐の志、いや、敵討ちの念を一層堅くするのである 必ず仇を討つ 


暇をみては上京している旧秋月藩士を訪ねては、さりげなく 一瀬直久 の居所を探った 一瀬は上京した旧秋月藩士の中で一番の出世組で話題に上る事が多く、六郎が消息を訪ねても怪しまれる事はなかった 


翌1878年(明治11年)春、21歳の六郎は 一瀬 が転任して静岡裁判所の判事となり、甲府支庁に勤めている事を知る この朗報に小躍りした六郎は、すぐにでも甲州街道を走り出したい気持ちであったが、山岡鉄舟の書生の身であり、迷惑をかける訳にはいかず、口実を設けるため思案のすえ仮病を使うことにした 「撃剣を学んでおりますが、練習が過ぎて少々胸部を痛めたので、しばらくの間神奈川県武州 小河内村 の温泉で湯治したいと思います」と 山岡英子 に申し出て許された 


4月初旬、東京を発って甲州に赴き、旅館の一室を借りて一瀬が出歩きそうなところを探索してみたが一度も姿を現さない 

一ヶ月も過ぎた頃、銭湯で「裁判所の所長さんは明日東京に行かれるそうな」という話を耳にした六郎は一瀬に違いないと翌朝宿を出て裁判所の門外にたたずみ、退庁するのを待ったが一瀬は現れない 翌朝も出かけたが同様の結果で、これは前日のうちに上京したのかと翌日、東京方面へ走ったが途中で 一瀬 に遭遇する事なく東京へ戻ってしまう 5月初めの事で、その後も探索してみたが不調で、銭湯での噂は誤りであったと悔やんだ 6月になって再度甲府に行ってみたが、一瀬の姿を発見できず、路銀も尽きてきたため、再び東京に戻らざるを得なかった 生計のために11月に群馬県熊谷裁判所雇員として勤務するが、明治12年夏、夏期休暇に入ると一瀬が上京するのではないかと退職し、東京に戻って一瀬を待ったが見つける事は出来なかった 徒労に終わった  


つづく



無外流は 真 を持って宗とすべし


居合塾.jp


入会、見学、体験、お問い合わせは

Mail : info@iaijyuku.jp

         

武士道とともにあらんことを

May the Bushido be with you.

Way to go.





2013 〜2024 iaijyuku All Right Reserved

居合塾無外流大全

武士道異聞 

最後の仇討ち